薄型スレート屋根(カラーベスト)には縁切りが必要です。

縁切りとは
本来、雨水の排出や通気のために隙間が確保されているのですが、塗装をすることにより隙間を塞いでしまい、屋根材の合せ目から浸入した雨水が排出されず、屋根の下地材を傷めてしまいます。そのため、屋根の塗装をした場合は、隙間を確保するための「縁切り」が必要です。

従来の工法では
屋根の塗装完了後、きれいに仕上がった屋根に上って、皮スキやカッターなどで行っていました。
ですが、屋根材の破損や、仕上げた塗膜の剥がれ、キズなどいろいろな弊害がありました。


現在は
現在当店では、タスペーサー(縁切り部材)を使用しています。
あらかじめ屋根材の隙間にタスペーサーを差し込んでおくことにより、隙間を確保しておきます。ですので塗装完了後に屋根に上る必要もなく、塗装面を汚してしまうこともありません。(仕上がりは屋根にタスペーサーが挟まったままになります)